さくらコマースは、東京都府中市を中心にパチンコ店舗・デザイン販促物制作・IT人材派遣・就労移行支援等を展開する企業です。
株式会社さくらコマース
TEL:042-333-0003

営業用パンフレットのプレゼン会 【営業企画担当】

e-factoryの魅力を発信できる新しいツール

先日、e-factory(イー・ファクトリー)の営業用パンフレットのプレゼン会が行われました。
e-factory(イー・ファクトリー) は、府中市の行政案件を軸に地域へデザイン販促ツールの営業と、社内では「営業企画担当」として内部販促の提供を行っています。

前回行われた研修会で、自分たちの強みや課題を洗い出すことができましたが、これで終わったわけではありません。営業企画担当のビジネスモデル研修会

後日、改めて今後の事業展開の方向性や課題を確認する場が設けられ、具体的な行動までを共有しました。
その中のひとつには、「営業活動の強化」があり、e-factoryの魅力を発信できる新しいツールとしてパンフレット制作を行うことになりました。
制作を通じてメンバーのデザイン力とチーム力の向上を図ることが目的となっています。

新しいe-factoryを考える

プレゼン会は、営業担当のメンバーに向けてデザイナーがプレゼンするコンペ形式で行われました。
チーム制で行われ、コンセプトや概要、キャッチコピーなどをゼロベースから考えて作成したものをプレゼンします。
例えば、パンフレットを制作するにあたり、新たな3つの軸「知る」「見つける」「思案する」を掲げたチームがありました。
これは新しいe-factoryのこだわりと位置づけており、「クライアントであるお客様を深く知り、伝えたいことを一緒に見つけて効果的な提案をする」というデザインに対する熱い想いが込められています。

デザイナーの田沼さん
「前回の研修会で自分たちの強みを認識しましたが、常にアップデートしていくことが必要だと思っています。
そこで、私たちのチームが考えたのは、新しいe-factoryのこだわりを発信し、他企業との差別化を図ることです。
パンフレットに反映させることで、e-factoryを選んでもらえるポイントにもなりますし、自分たちのプロとしての意識向上やデザインを行う上で大事な方向性を確認することができます」
それぞれのチームがデザインのベースや色づかい、文字の種類など、考えながら作られていることがわかりました。

チームだから出せるアイディアと気づき

普段は、個人で業務に携わることが多いデザイナーたち。
チームとして取り組むことに、難しさを感じながらも多くのアイディアと気づきを得ていました。

デザイナーの高濱さん
「それぞれが、クライアントの意向を聞いて制作することが多いので、ゼロから考えて作り上げていくことにワクワクを感じました。
今回のパンフレット制作を通じて、『自分たちをどうアピールするのか』『営業するならどんな内容がいいのか』などを考える良い機会になりましたし、勉強にもなりました。
また、自分とは違うメンバーの視点で多くの気づきを得ることができました」

営業担当のメンバーから、「新たな武器に感謝の気持ちでいっぱい」「情報が営業視点で構成されていて愛を感じた」「パンフレットデザインの理由も伝えられるようにしようと思った」などデザイナーの想いを受け止め、チーム全体としても士気を高めていました。
今後も営業企画担当の新たなチャレンジを発信していきます。
まつきょん